スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お年寄りが買い物にいけない「買い物難民」

買い物は大好きですがなにか?通販も大好きですよ。

私の身の回りでも古い団地内にあったスーパーが閉店になり、
団地自体が小高い山の上にある為に山を下らないと買い物ができないという
状況に追い込まれている団地があります。

介護用のベットにはジェルパッドおいけるかな?


高齢者にとっては本当に不便になってしまったと感じていましたが、
不況の折全国でもそのような傾向があるようです。

対策としては移動販売や宅配サービス、商店への送迎バスの運行など
色々な手立てを考えているようです。
中でも民間では採算が取りにくい地域においては自治体の補助や
公的施設の活用も提言するなど深刻な問題として受け止めています。

中には公民館などの公共施設に高齢者も操作がしやすい端末を置き、
買い物支援の拠点とする事などを具体的な例として挙げています。

“明日は我が身”ではないですが、いずれは私たちも年を取ります。
そうなった時に少しでも住みやすい日本になってくれる事、
それよりもまず今の高齢者が住みやすい国にする事が
重要な事だと思います。

実際には車の運転ができない高齢者にとっては
生活そのものが成り立たなくなる恐れもある大変な問題です。

これからもFX情報商材ならがんばれます!



「買い物難民」に宅配や送迎支援、研究会提言へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100508-00001149-yom-soci


近頃「買い物難民」の問題が深刻化してきた事で、経済産業省の研究会は
支援策を提言する報告書を公表する予定だそうです。

“買い物難民”とはスーパーの閉店や商店街の衰退などで
高齢者らが日々の買い物に困る状態の事を指しています。

参考:システムトレード日経225先物


お年寄りにいいサービスがこれからもできてほしいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。